旅行中に便利なハンガリー語 数字・単位編

旅行中に便利なハンガリー語 数字・単位編

まめこ

買い物するときにハンガリー語で数を言えたら便利そうだよね

マーリア

それじゃ、今回は数字やよく使う単位を紹介しますね!

 

この記事では

  • ハンガリー語の数字
  • ハンガリーでよく使われる単位

など、旅行中に便利なハンガリー語をご紹介していきます。

 

ハンガリー語の基本的な紹介やあいさつなどは、こちらの記事をどうぞ!

旅行中に便利なハンガリー語 基本・あいさつ編

旅行中に知っておくと便利なハンガリー語 基本・あいさつ編旅行中に便利なハンガリー語 基本・あいさつ編

ハンガリー語の数字の読み方

数字をハンガリー語で言うとこんな感じになります。

 

1 → egy(エジ)

2 → kettő(ケットゥー)

3 → három(ハーロム)

4 → négy(ネージ)

5 → öt(ウト)

6 → hat(ハト)

7 → hét(ヘート)

8 → nyolc(ニョルツ)

9 → kilenc(キレンツ)

10 → tíz(ティーズ)

まめこ

1~3は買い物でもよく使いそうだよね

 

買い物でよく使う単位

 

お金の単位

ハンガリーの通貨はForint(フォリント)で、表記ではよくFtと略します

 

重さの単位

kg は日本と同じくキログラムの略です。

 

会話ではkiló(キロー)ということが多いです。

 

1kgあたりいくら、の表記は日本と同じなのでわかりやすいですね。

ハンガリー語の単位

 

1キロ以下の場合、ハンガリーではdkg(デカグラム)をよく使います。dkgは「デカ」ということが多いです。

 

1dkg(デカ)= 10g(グラム)

100g = 10dkg

 

↓こちらのハムは「100グラムあたり299フォリント」ということですね。

ハンガリー語の単位

500gfél kiló(フェール キロー)と表現します。

 

fél は半分という意味なので、1キロの半分=500gとなります。

 

数えるときの単位「~個」

ほかによく使う単位として、「~個」があります。

 

ひとつ、ふたつ・・・と数えるときの単位ですね。

 

ハンガリー語では、「~個」darab(ダラブ)といいます。

 

darab は略してdb

 

こちらの「BALATON」という国民的ウェハース菓子は1個当たり69フォリントということです。

ハンガリー語の単位

ちなみに「BALATON」の右の「tibi」というチョコレートは、

2 db vásárlása esetén 199Ft /db と書かれていますが、

 

「2つ買うと1個当たり199フォリントになるよ」という意味です。

 

袋、パックの商品を数えるとき

1袋、1パックを数えるときはcsomag(チョマグ)を使います。

 

csomagは略すとcsになります。

 

例えば、袋に入ったスープやスパイス、パック入りのお肉、大袋のお菓子などもcsomagです。

ハンガリー語の単位

マーリア

ちなみに上の広告にtól(トール)と書いてあるのは、「~から」の意味。「1袋68フォリントから」という意味ですね。

 

セット商品の表現

いろいろなものがセットになっている場合は、szett(セット)を使います。

 

ほかの単位に比べると、それほど多くは見かけませんが、覚えておくと便利です。

ハンガリー語の単位

 

お土産物屋さんなどで「セット売りなのか、1つの価格か」など聞きたいときも、「セット」で通じるのでらくちんですね!

 

旅で役立つハンガリー語の数字と単位 まとめ

覚えておくと買い物などで役に立つ数字や単位をご紹介しました。

 

まとめておさらいしてみましょう!

1 → egy(エジ)

 

2 → kettő(ケットゥー)

 

3 → három(ハーロム)

 

Ft → フォリント(通貨)

 

dkg → デカグラム(重さ、10dkgは100g)

 

db → ダラブ(~個)

 

cs → チョマグ(~袋、パック)

 

szett → セット

スーパーや市場、のみの市などでも使えますので、ぜひ覚えてみてくださいね。